歴史

1826

3月27日、カール・モリッツ・グロスマンがドレスデンに生まれる

 

1842 – 1854年

グロスマンはドレスデンで時計職人としての修業を積む。

その後、ロンドン、ハンブルグ、パリ、ストックホルム、コペンハーゲンとスイスのフランス語圏に滞在しながら、修業の旅を続ける。

 

1854

ザクセン州に戻り、グラスヒュッテにモリッツ・グロスマン時計製造会社を設立。

1866

グロスマンの論文「自由アンクル式脱進機/Der Freie Ankergang」がロンドンの英国時計協会主催のコンテストで最優秀賞を受賞する。

 

1876

ザクセン王国議会の議員に選ばれる。

 

1878

ミュクリッツ渓谷鉄道を敷設するための委員会議長となり、1891年に鉄道が運行される。

1878

グロスマン主導の下で彼の構想に基づき、グラスヒュッテにドイツ時計学校が設立される。

 

1885

1月23日、カール・モリッツ・グロスマンはライプツィヒでの講演中に突然倒れ、息を引き取る。

 

1886

「ロンドン・ドイツ時計職人協会」がグロスマンの追悼記念に大理石版(現存しない)を寄贈する。

1903

時計師のためにグロスマンが刊行したポケット辞典がM. レスケによって続刊される。

 

1921

ドイツ時計学校は時計精密技術高等学校に昇格される。

 

1928

時計学校の入り口にモリッツ・グロスマンの記念盤が設置される。

1935

消防署家屋の落成式に伴い「オーバーシュタット・協同組合広場」の名称が「モリッツ・グロスマン広場」に改名される。

 

1940

時計学校は追加的に「時計製造マイスター学校」に昇格される。

1957

「時計製造マイスター学校」から「グラスヒュッテ精密機械工業学校」に改名される。

 

1992

設立から114年後に工業学校は閉鎖される。

2008

かつてのドイツ時計学校の建物の中にドイツ時計博物館が開設される。

 

2008

グロスマン・ウーレン社(Grossman Uhren GmbH)設立。

2010年

新生モリッツ・グロスマンがファーストモデル「ベヌー」を発表する。

 

2012

新しいマニュファクチュールの建物に移転。

 

2013

グラスヒュッテ、ウーファーシュトラーセ1番地にあるマニュファクチュール工房の落成式を行う。

2013

新しいモデル「ベヌー・パワーリザーブ」と「アトゥム」を発表。

コレクションを飾る「ベヌー・トゥールビヨン」を発表。

 

2015

新たなシリーズ「テフヌート」と「テフヌート・レディー」を発表。

 

2016

「アトゥム・パワーリザーブ」を新たに発表。

ピュア・フィニッシュをほどこした新しいスチールケースのシリーズ「アトゥム・ピュア」と「テフヌート・ピュア」によりコレクションを拡充する。